×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



タイム・マシン

推理小説におけるコナン・ドイルと並んで二十世紀前半のイギリスで活躍したウェルズは、サイエンス・フィクションの巨人である。
現在SFのテーマとアイディアの基本的なパターンは、大部分が彼の創意になるものといえる。
「塀についたドア」「奇跡をおこせる男」「ダイヤモンド製造家」「イーピヨルニスの島」「水晶の卵」「タイム・マシン」の六編。
第一巻に続いて、多彩をきわめるウェルズの全作品のなかから、とくに必読の傑作中短編をえらんだ。
「アリの帝国」「森の中の宝」「めずらしい蘭の花が咲く」「海からの襲撃者」「盲人の国」「故エルヴシャム氏の物語」「ダチョウの売買」「赤むらさきのキノコ」「剥製師の手柄話」「『最後のらっぱ』の物語」「世界最終戦争の夢」「クモの谷」の全十二編を精選収録。
文豪ポオによって誕生した推理小説は、それから半世紀、シャーロック・ホームズの登場によって、いよいよ新時代を迎えるにいたった。
ホームズは世界中の国語に訳され、無数の模倣者を生んだ。
しかしホームズの前にホームズはなく、ホームズのあとにホームズはない。
シャーロック・ホームズこそは名探偵の代名詞であり、推理小説そのものである。
本書は処女短編「ボヘミアの醜聞」を筆頭に全十二編の傑作を収めた不滅の第一短編集。
集中の「赤髪連盟」「唇のねじれた男」「まだらの紐」などは、推理小説史上にさん然と輝く名作中の名作である。
他、「花婿の正体」「ボスコム渓谷の惨劇」「五個のオレンジの種」「青い紅玉」「技師の親指」「独身の貴族」「緑柱石宝冠事件」「ぶなの木立ち」収録。
第一短編集『冒険』につづく第ニ短編集『回想』は十一編の作品を収録する。
名馬の失踪にからむ殺人をあざやかに解決する「銀星号事件」を筆頭にホームズがはじめて手がけた「グロリア・スコット号」、怪奇味の横隘する「マズグレーヴ家の儀式書」、天才的犯罪者モリア−ティ教授とともにホームズが滝壷に落ちて生死不明となる「最後の事件」等、謎の創意と物語の展開、そして意外な解決において、いくど読んでもあかせない魅力をそなえた黄金の短編集である。
他、「黄色い顔」「株式仲買店員」「ライゲットの謎」「まがった男」「入院患者」「ギリシャ語通訳」「海軍条約事件」収録。
第二短編集の最終編「最後の事件」で天才的犯罪者モリアーティ教授と組みあったまま滝壷に落ち生死不明となったホームズは、全世界の読者の熱烈な要望にこたえて、『生還』冒頭の一編「空家事件」で奇跡の復活をみせるにいたった。
ドイルの作品中もっともトリッキイな小説として高く評価される「ノーウッドの建設業者」、ポオの「黄金虫」とならぶ暗号解読の傑作「踊る人形」、奇抜な事件が明快な推理に裏づけられる「六つのナポレオン胸像」などホームズ再起の気魄にみちみちて、作者円熟の境を示す全十三編。
他、「あやしい自転車乗り」「プライオリ・スクール」「ブラック・ピーター」「恐喝王ミルヴァートン」「三人の学生」「金ぶちの鼻眼鏡」「スリー・クォーター失踪事件」「僧房荘園」「第二の血痕」を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000740